武田公認会計士事務所

MAIL otoiawase@cpatakeda.com

プロフィール|所長・武田雄治の略歴/インタビュー

プロフィール 武田雄治 (Yuji Takeda)

武田雄治

関西学院大学商学部卒業。在学中は、財務会計界の権威である平松一夫元学長のもと、証券取引法に基づくディスクロージャー制度について研究し、会計を生業とすることを決意する。

公認会計士試験合格後、新日本監査法人、あずさ監査法人に入所。
試験合格後、「人が10年かかって到達する所へ5年で行こう」と思い、当時最も仕事が厳しいと言われていた部署へ配属を希望。入所直後から夜中も休日も働き、上司から「働きすぎだから、担当する仕事を減らせ!」を言われるも、上司を説得し、働き続ける。1年目からは異例の監査の現場責任者(主査)に抜擢され、国内上場企業の法定監査のみならず、米国・EU(欧州連合)の上場企業の法定監査や内部統制監査・コンサルティング、独立行政法人・特殊法人等の監査・会計コンサルティング、医療法人の財務コンサルティング等、幅広い業務を精力的にこなす。

監査実務を一通り学んだ後、監査する側ではなく、監査される側の決算・開示実務の苦労を学ぶため、東証上場企業財務経理部門に勤務。決算・開示実務全般を担当する。

上場企業であっても、多くの会社で決算・開示の「仕組み」が出来ていない現状を目の当たりにし、世の中の企業の経理・決算・開示業務変革の役に立ちたいという想いから、2005年、財務会計コンサルティングを設立、代表取締役就任。「経理を変えれば、会社は変わる!」との信念に基づき、上場企業から中小零細企業まで、幅広い会社の経理の仕組みづくり、業務改善に貢献し、多くの経営者から圧倒的な支持を得る。

2008年、武田公認会計士事務所として再独立。

2011年より中央大学専門職大学院国際会計研究科兼任講師に就任。MBAの講義においてIFRS(国際会計基準)を担当する(~2014年3月まで)。

2011年3月に発生した東日本大震災により、日本の99%を占める中小企業こそ救わなければならないと思い、中小企業に特化した経営・会計コンサルティング事業「黒字社長塾」を立ち上げ、本格的に中小企業支援を開始する。

2013年、起業家・新事業を生み出すことを目的とした一般社団法人スタートアップエンジンを設立。理事就任。同年、アジア会計事務所ネットワーク「OneAsia」アライアンスパートナー就任。

2014年、中小企業のコスト削減・業務効率化を支援するバックオフィスサービス株式会社に出資。取締役就任。

現在、「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、上場企業から中小企業、起業家まで、幅広いクライアントに対して会計、経営のコンサルティングを行っている。IFRS導入、決算早期化、決算業務改善に関しては第一人者と称される。

趣味は旅行、読書、筋トレ。好きな食べ物は焼肉。将来の夢は世界一周と田舎暮らし。武田信玄の弟の直系。

執筆・セミナー実績は「活動履歴」のページを参照。

事業所

  • 東京オフィス  東京都千代田区
  • 大阪オフィス  大阪市北区
  • 西宮オフィス  兵庫県西宮市

インタビュー

Q.
経歴を教えてもらえますか?
A.
監査法人時代は、東証一部・二部上場企業やニューヨーク・EU(欧州連合)の上場企業の法定監査や内部統制監査・コンサルティング、独立行政法人・特殊法人等の監査・会計コンサルティング、医療法人の財務コンサルティング等、幅広い仕事を手がけました。本当に色々な経験をさせてもらいましたが、経理実務についてもっと知っておきたいと思い、東証上場企業へ転職しました。財務・経理部門で決算実務全般、ディスクロージャー実務全般に携わりました。「監査をする側」から一転、「監査をされる側」の経験もしました。 その後、監査の経験と、経理実務の経験を活かし、財務会計コンサルティングファームを設立し、多くの会社の決算支援や内部統制構築支援などを行ってきました。その間、上場企業・未上場企業の役員も兼務させて頂きました。 現在は、武田公認会計士事務所所長として様々な活動をしています。
Q.
どのような意識で独立されたのでしょうか?
A.
監査法人に就職した際に考えたのは「人が10年かかって到達する所へ5年で行こう」という事でした。できるだけ早いうちに集中して仕事の現場を踏み、ノウハウをつかみたかったんです。だから、毎日がむしゃらに働きました。そのうち、任される仕事が現場の仕事だけでなく、マネジメントの仕事が増えてきたところで、次のステップを、と考え転職しました。転職先では、監査する側から監査される側へと立場が替わりましたが、そこで確信したのは、例えば「規模を問わず、国内の殆どの企業は経理や決算のフローに問題を抱えている」という事でした。 つまり、「経理を変えれば会社は変わる」と思ったのです。 監査法人時代に外から見て感じていた事が、企業の内側に入る事でより鮮明になったんです。そこで浮き彫りとなった多く企業の問題点を解決していきたいと思い、独立することにしました。
Q.
現在、武田公認会計士事務所としてどのような活動をされているのですか?
A.
我々の多くが定期的に健康診断を受けますが、診断書を見てもよく分からない。書店で医学書を見ても理解できない。同じように、多くの経営者は定期的に決算を行っているけど、決算書を見てもよく分からないと思うんですね。会計・税務といった学問と経営との間に距離がありすぎる。この距離を埋めることが私、すなわち武田公認会計士事務所の使命だと思っています。 現在は、経営コンサルティング、執筆・セミナー、自らの研究活動の3つの活動を行っています。いずれもベースにある考えは「経営と会計をつなぐ」ということです。ブログを数年前から書いていますが、これも会計・決算等の情報を分かりやすく経営者に伝えたい、という想いから書いています。お陰様で、毎日驚くほどの人数の方にご覧頂いております。
Q.
他の会計事務所との違いは何ですか?
A.
実務に精通していることでしょうかね。決算書などの成果物を納品するというような形式的な業務には興味がありません。経営者もそんなことを求めているわけではないでしょう。クライアントの事業内容・業界動向・ビジネスリスクなどを完璧に理解し、経営者とガチンコで向き合い、経営者の考えを完全に理解するところから始まります。その上で、どういう事業戦略を立てるべきか、どういうマーケティングを行うべきか、管理部門はどうあるべきかなど、時間をかけてじっくり考えます。そこまでしなければ適切な助言なんてできないでしょう。でも、同業他社でそこまでやっているところは少ないと思いますよ。
Q.
将来のビジョンは何ですか?
A.
まずは今の使命を全うすることですが、将来は若い起業家を育てていきたいと考えています。若い人は柔軟で面白いアイデアをもっているにも関わらず、起業する人が少なすぎる。将来の産業発展を考えると、これは問題だと思っているんです。環境が悪くて起業できなかったり、知識やノウハウが欠如していて成功できなかったり、ということがないよう、今までの私の経験を活かしてサポートしていきたいと思っています。

otoiawase@cpatakeda.com

ご依頼の業務についてお知らせください。個別にご相談させていただきます。
お問い合わせ後、数日中に、折り返しご連絡差し上げます。

ページTOPへ
  • 公認会計士武田雄治のブログ
  • CFOのための最新情報ブログ
  • CFOのための最新情報メールマガジン

COPYRIGHT(C)TAKEDA CPR OFFICE ALL RIGHTS RESERVED